×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

看護師求人ナビ

准看護師

医療現場などで働くスタッフとして、看護職は代表的な存在ですが、看護職のなかには「看護師」のほかに「准看護師」して働く人もいます。 
医療機関を利用する患者や家族側からは、看護師と准看護師の違いはわかりにくいのですが、それぞれ取得している「免許」や「仕事内容」は違ってきます。

 

医療の現場において、看護職は医師や歯科医師の指示にもとづくことはもちろんですが、看護師は「国家試験免許」のため、自らの判断で主体的な看護ができます。
一方、准看護師は「都道府県知事免許」で、看護を行うためには、医師や歯科医師の指示のほか、看護師の指示にもとづく必要もあるのです。

 

また、免許や仕事内容にともない、給料面での違いもでてきます。
そのため、長年、医療現場で働いていても、看護師免許を取得していないため、自らの判断で主体的な看護ができないなど「はがゆさ」を感じる人もいるかと思われます。

 

准看護師になる近道として、中学卒業時の進路に准看護師専門学校(修業年限2年)を選ぶ方法があり、「准看護師試験」の受験・合格を経て免許を取得することができます。
また、准看護師を養成するための専門学校には、年齢制限が定められていないところも多いほか、働きながら看護学校で学び看護師を目指すことも可能です。