×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

看護師求人ナビ

看護師の給料

 

就職や転職活動をするときには、自分が希望する条件を明確にしたうえで、絞り込むことが大切です。

 

具体的な条件や、その条件の優先順位は個々にもよりますが、やはり、給料がいくらなのかは無視できない大切な条件になると思われます。
もちろん、お金がすべてではありませんが、貴重な時間を費やすのですから、少しでも条件のいい職場へ就職したいというのが本音ではないでしょうか。

 

そんななか、注目されているのが「看護師の給料」です。
「看護師の給料」とストレートな表現は望ましくないのかもしれませんが、看護師は、看護師国家試験に合格して看護師免許を取得した医療の専門職です。
また、実際に働く職場環境にもよりますが、いずれにしても、大切な人命と関わる仕事ですから、当然、それに見合う待遇が期待されます。

 

結論からいうと、看護師の給料は他の職種と比べると高額な場合が多いようです。
また、夜勤の回数が多いときや、夜勤専従の看護師などは、看護師のなかでも報酬は高めになる傾向があります。

 

さらに、給料アップが期待できる方法として、その職場で責任ある立場に就く方法があります。
これは、看護師の給料だけでなく、一般企業でも同じことがいえますが、そのためには、同じ職場で長く勤めることが条件になってきますね。

 

 

看護師の仕事内容

医療機関などで看護師として働くためには、国家試験に合格して看護師免許を取得する必要があります。
また、看護師免許をもっていると、医療機関だけでなく、いろいろな場面で有効活用できることも大きな特徴です。

 

医療機関で働く看護師は「医師の診断・治療のための補助的役割、患者とその家族への対応」などが中心となり、そのため、看護師の仕事内容は多岐に渡ります。
特に、高齢者などの在宅介護が増えているいま、「訪問看護師」の需要もますます多くなっています。

 

また、医療機関での働き方だけでなく、企業の従業員の健康管理にたずさわる「産業看護師」があります。
さらに、治験業界で働く方法もあり、いわゆる、「治験コーディネーター」や「臨床開発モニター」なども、看護師の仕事内容として注目されています。

 

ほかにも、企業の商品PRや使い方の指導にたずさわる「クリニカルコーディネーター」、団体旅行に同行する「ツアーナース」なども、看護師の仕事内容のひとつです。

 

このように、看護師の仕事内容はいろいろありますが、どのような働き方をするのかは、将来の目標や家族構成なども考えたうえで選ぶことが大切です。
特に、小さい子どもがいる人は、保育施設があるかどうかも就職や転職のための大きなポイントになります。

看護師になるには

 

医療の専門職だけでなく、団体旅行の「ツアーナース」など、いろいろな場で活躍できる看護師ですが、看護師になるには看護師国家試験に合格する必要があります。
そのためには、受験資格を満たすことが大前提になり、「大学または3年以上の教育を受けて、看護師国家試験に合格する必要がある」と定められています。

 

具体的な方法として、「短期大学」(修業年限3年)「看護師養成所」(修業年限3年以上)「5年一貫看護高校」(修業年限5年)「大学」(修業年限4年)が知られています。
どの方法で学び、看護師を目指すのかは個々によっても異なりますので、自分のライフスタイルにあった方法を選ぶことをお勧めします。

 

また、看護師になるには、医療現場などでの実習を積むことが不可欠であり、これをクリアすることが難関だともいわれています。
看護師として就職や転職をするときは、自分の希望する勤務形態のなかから絞り込むことが可能ですが、看護実習のときはいろいろな現場を経験する必要があるからです。

 

また、日常的に学ぶ内容のなかにも、「血が怖い人」などが敬遠したくなるようなものも含まれています。
そのため、看護師になるには、自分の適性を正しく知ったうえで、前向きな気持ちをもって苦手意識を克服することをお勧めします。

リンク集

ナノインパクト・・・育毛剤ナノインパクトの体験レビューサイト
Tポイントカードの作り方・・・Tポイントカードの作り方の解説サイト。クレジットカード情報も